すぐまた会えるペーター

King & Prince髙橋海人くんの深く蒼い海の底を泳ぎ続ける深海魚のジャニヲタブログ Twitter@KPKT_shinkaigyo

永瀬廉のShow must go on

最近我が家のテレビの調子が悪く、色々観れてない…2ndツアーDVDももちろん購入したけど観れてない…。いよいよ買い替えかといったところ。

まあ、これはこれでちょっとした落ち着き期間のきっかけになって良かったのかなとも思っている。これまで海人の出る番組は必ず録画!どんなちょっとの出番でも、どうぶつ王国は海人が大写しになる場面を編集して保存!みたいなことを嬉々としてやっていた。でもどんどん増えていくディスクを見ながら、このまま増え続けたら今後一度も再生しないものもあるよな〜人生の残り時間が足りないよな〜と思っていたので。

 

少クラなどはネットでこまごま動画を見たりして意外とそれで十分だった。…が!やはりこれは気になると思ってFODで全編見た、そうフジテレビのジャニーズドキュメンタリー「RIDE ON TIME」。今までも何度かKing & Princeの裏側風なものをシリアスタッチで放送していて、正直あんまり好きなテイストではないんだけど、海人のノーメイクなオフ感が見られるのが嬉しい。

その中で今の自分の心にとてもズーンと来たものがあった。永瀬廉氏がサラッと語ったShow must go onについての彼なりの見解。

 

ダンスを覚えるのが比較的苦手でひたすら1人で別練習をするというようなことをクローズアップされた流れで「ジャニーさんはShow must go onという言葉は言うけど、その深い意味は言わなかったから、それぞれ自分たちで解釈している」と話し

「お客さんがおる限りは続けなアカンけどね」

と呟いた永瀬廉氏。

 

実は私は最近自分の仕事絡みで、とある疑問を持っていた。「コレなんのためにやってるんだろう、同僚みんなが大変な思いして。たいしてお金にもならないのに何の意味があるのかな」と。ここ数ヶ月間、飲んでは夫に愚痴を言い続けていた。。

でも永瀬廉氏の言葉を聞いて「ああ、そうだよなぁ、、Showをやり続けることの意味なんてわからないけど、お客さんがいる限りはやるしかないよなぁ」と思った。

 

番組ではもちろん海人と平野さんもそれぞれの見解を話していて、2人は「お客さんに喜んでもらいたい」という前向きな方向だった。技術にも余裕がありまだまだ上を目指すぞというプロ意識の高いような、割と優等生な言葉だと感じた。とても頼もしい。

でも今の私は永瀬廉氏からポロッと出た本音のような言葉が凄く刺さってしまった。本当はこんな大変なことやりたない、なんのためにこんなにやらなアカンねや、でもやるしかないよな毎年たくさんお客さんおるもんな、たっかいチケット買って、、みたいな!知らんけど。

 

今までの人生の中でgo onできずに若いうちにやめてしまったことがいくつもある。でももういい歳だし、これからはShow must go onだな!ああ頭がスッキリした!!ありがとう永瀬廉氏!!!ありがとうジャニーさん!!!!そしていつも本当にありがとう髙橋海人くん大好きです!!!!!

 

ジャニーズアイランド千秋楽おめでとうございます!

ぴあ Movie Special 2019 Spring(永瀬廉特集) (ぴあMOOK)

ぴあ Movie Special 2019 Spring(永瀬廉特集) (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: ムック
 

1/7 SixTONES TrackONE-IMPACT- @横浜アリーナ

ついに2020年スタート!東京オリンピックとともにジャニーズが盛り上がるべき年…ジャニーさんが見たかったであろう景色がすぐそこに来ている、のか??!?僕らとTokyoで会いましょう!!!

 

今年初の現場はデビューを目前に控えたSixTONESのコンサート。正月気分も抜けきらないまま割とボーッとした気分での参戦となったが、それが逆にニュートラルな感覚で楽しめる要因にもなったかも。グッズは何も買わずに88ペンライトのみ持参し、きょも担とHiHiゆうぴ担の若者と、3人での参戦。

 

初めての立ち見席で少しドキドキ。横アリ裏手の駐車場あたりの列に並ぶ。開演の30分前くらいから静かな雨が降りはじめていた。

f:id:sugumata:20200108182007j:image

中に入り案内されるままついていくと、バクステ側の立ち見席だった。かなり全体的に観えるから良いんじゃないかなーとも思った。横アリは去年の夏初めて海人に会えたKing & Princeツアー以来なのでなんだか嬉しかった。また今年も会いたいよぅ。

 

開演時間が迫ってきてポツポツとSixTONESコールが起きているが一体感は無かった。ペンライトを青にして私も少し声を出してみる。SixTONESの中では強いて言えば樹推し。

そしてコンサートが始まる。登場はなんとゴンドラみたいなものに入ってかなり高い位置にいた。しかもそれがけっこうな速さでグルグル回転するというなんともSixTONESらしい力強さで、とても良かった!満を持してデビューするお兄さんたちの余裕みたいなものを感じた。

あと6人ともよく声が出てる。横アリのサイズにバッチリ合ってる感じ。当然だけど客席は綺麗なペンライトでパンパンに埋め尽くされていて、ああそりゃあデビューするべきグループだよなぁって思った。

 

私は今日はとにかくImitation Rainが聴きたい観たい一心だった。YOSHIKIの音楽も演奏ももともとかなり好きで、初めてTVでImitation Rainが披露されたときにうわぁーYOSHIKIのピアノの音ぉぉぉぉって興奮した。聴くたびにSixTONESの歌もどんどん良くなっていったし生でフルで観れるのが楽しみだった。

結果としてはアンコール前の最後の曲だったのでかなりオアズケを食らったのだが、感動的な演出や派手な特効もあって期待以上のImitation Rainだった。

樹がMCで「自分では100年かかってもできないRAPのリリックだ、YOSHIKIさんに新しい扉を開いていただいた」というようなことを言っていたけど本当に超かっこいいRAPだと感じた。今までの樹とかなり違う!これからも色んな樹RAPが聴けるのかな、とても楽しみ。

 

そして偶然にも「#SixTONESミリオン目指すってよ」タグ誕生の瞬間に立ち合ってしまったわけなのだが、なんというかザワザワドキドキした!これも長年6人で活動してきているSixTONESならではの空気感なのだろうけど、話し方とかワードの選び方とか、凄くファンの心を揺さぶる。私は自分がファンならばお金を使いたいと思っている派なので、このSixTONESのやり方は清々しかった。とにかく一度しかないデビューというタイミング。このチャンスを逃したくないという熱が伝わってきた、これはもしかするともしかしちゃうんでは。。私はKing & Princeファンなので買い足しはしないけどさ!もともと予約してある1枚だけありがたく買わせて頂きます。

 

終演したらまだ雨は降っていて、あーやだなぁと思っていたところゆうぴ担の若者が「SixTONESのオーラス日がRainってとても良いですね!」的なことを言っていて、ああそうか、SixTONESにとって雨は縁起の良いものになったんだと思った。SixTONESSnow Manもデビューおめでとうございます!2020年のジャニーズに幸あれ。

f:id:sugumata:20200108212312j:image

一息つくために入ったサブウェイでスマホチェックをしたら、2週間ぶりに更新された海人のアイドル日記。「俺と結婚したらこんな感じ?笑」の衝撃にあっというまに海人のもとに引き戻されてしまった…SixTONESの余韻に浸る暇もなく…髙橋海人くん今年もよろしくお願い致します。

ブラック校則 終演

本当は今日の午前に池袋でラストブラ校しようと思っていたのだが、二度寝により断念。昨夜なかなか眠れずに7MEN侍のYouTubeとアイランドTV動画を見て夜更かししてしまった。なぜなんだ突然の侍ミニブーム…矢花くんの覚醒が気になるね。

というわけで私の中での映画ブラック校則が終演したので、まとめブログです。

 

映画館には8回行きました。公開前にオタ熱トーンダウントーンダウン - すぐまた会えるペーターがあり、2回くらいは行くかな( ´-` )なんて余裕こいていたのに、いざスクリーン海人を観たら一発KO。これが若い子たちが言ってるチョロオタってやつなんですね、実感しました。

 

とにかく役どころがおいしすぎた。月岡中弥に髙橋海人をキャスティングしてくれた人に心から感謝です。そしていつでもいつまでも変わらない、ジャニーさんありがとうの気持ち。

 

初見の時から最後まで揺るがなかった私の中のベストシーン・中弥の返信ペイント@夜の学校。顔が!綺麗すぎて!!表情が!エモすぎて!!横顔も!ありがとう!!髙橋海人の良さ爆発。ずっと思ってたけど海人が書く字もやっぱり良い。なにせ漫画家先生だからさ、字も魅力的なんだよね。このシーンの曲もかなり良くて。3拍子の曲。こんなシーンをもらえるなんて、本当に凄いよ。海人担超絶ハッピー野郎ですよ。これは8回行っちゃうよ。やっぱりもっと行きたかったよ。二度寝が悔やまれるわ。

 

そして、年上女性への告白シーンがあるなんて予想外すぎた…聞いてないよ。金網ごしなのが余計に色気放っちゃってるというオマケつき。リビドー。。1回無意識に白ニット着て観に行っちゃって、ものすごく恥ずかしかった。いや別に誰も気にしてないと思うけどさ、気づいた瞬間1人赤面。でもそんなのも含めて、中弥役の海人をスクリーンで観る行為最高としか言えない。海人担超絶ハッピー野郎。8回行くに決まってる。いやいやもっと行きたかった。なんで二度寝した。矢花くん嶺亜くんカンベンしてくれよ。

 

その他印象に残っている海人シーンをダーッと。

タピオカ行こうよーとしつこく誘うくだりでナナちゃんから頭ポカっとされて「イテテッ」の声…バブすぎんかね?こちとら毎回ニヤニヤ。

バイトシーンで自分でカットした苺サンドイッチの断面みて「うわぁ。うまそう」の言い方かわいいな。あぁうまそうだよ、私も一緒に食べたいよ。

フリーダム演説での「オーケーーーーーイ」の言い方にイッテQの手越ぽさを感じてなんだかムズムズ。これはあまり大きな声では言えないけど手越くんと海人の共通項はあると前から感じてる。いろいろ心配…だけど何があってもずっと応援すると決めている(勝手に)

そんでフリーダム演説終了時、海人が手をピロピロさせているところでいつも拍手したくなる。

翼をください歌おうよの「主旋律のほうでいいよ」の言い方と顔がかなり好き。

サビのハモパート「飛んでいきたいよー」の「よー」の3拍目でコードが変わるアレンジのほうが好きなので違うやつでちょっと残念。

壁の前で少しケンカするシーン、とても良い。海人はもちろんだけども勝利さんが背中で言う「口だけなんだよおまえは…いっつも!」の「いっつも!」が凄く好き。

クルンと後ろに流れる海人のもみあげが可愛い、襟足も少し浮いてるの好き。この髪のクセは前々から気になっていた好きポイントなのだが今回の髪型で物凄く堪能できる。はぁ好き。。。

 

とにかく海人好き好き大好きが詰まっている映画なのでした。本当に幸せな1ヶ月間をありがとう。

f:id:sugumata:20191218192356j:image

 

 

 

 

そしてここからは、せっかく8回も観たので…個人的残念ポイントを吐き出し記録。(敬称略)

 

薬師丸ひろ子はまだしも、でんでんと光石研の無駄遣いはツラかった。キャスト発表されたときにこの3人の名前を見てかなり興奮したのだが、、その時の気持ちを思い返すとあまりにむなしい。ドラマ・Hulu(すいません無料期間の1.2話しか観てないけど)を併せて観ればまだアリなのかな…とも思うけどイヤやっぱり無駄遣いだと感じる。

 

ヒロインのモトーラ世理奈の魅力があまりに撮れていない。特に映画はやばい。良い表情のシーンが皆無に近い。無料期間に観れたHulu版の坂井真紀との生物テスト解答シーンと、きらりと教室で話しているシーンは可愛かった。ああいう表情を映画序盤に観せておかないとダメなんじゃないのかなと思った。

私はモトーラ世理奈はブラ校で初見だったので、12/4放送ZIP!のハックツコーナーを見て驚愕した。過去出演作のシーンがいくつか流れたのだが、魅力が凄いのなんの…。残念ながらブラ校では10%も出ていないのでは。。

 

私は担当が出演するジャニ映画を観るのが初体験だったので、もちろん期待しすぎていたのかもしれないけども、やっぱり結局はオタ向け映画なのだということを痛感した。逆に言えばだからこそ8回も観に行ったわけだし。オタ向け映画バンザイですよ。またこんな日々が来るのを楽しみにしています。

 

そして最後に時効なのでエキストラ事件を記しておこう。8月末の出来事。何回か応募していたブラ校エキストラに当選していた。当選メールが届いていたのだ。その当選メールを見たのは、楽しい宴で日本酒を浴びるように飲んだ翌朝。ひどい二日酔いで苦しみながら仕事に向かう電車の中、少しずつ回復している時のこと。やっと意識が通常っぽくなってきたところでの数時間ぶりのメールチェック。あ!当選してる!!アクセスしよう…あ、、、、参加意思確認の時刻過ぎてる、、、、、、、、

 

もう!二度と!!日本酒は飲まない!!!

アンチとは

「好き」と「嫌い」は紙一重。好きの反対は嫌いではなく「無関心」。これは私の人生の中でもとても実感していること。嫌いという感情は限りなく好きに近い。

「好き」の感情に物凄くエネルギーを使うのと同じように、「嫌い」と感じるのにもかなりのエネルギーを要する。だけど「無関心」なものや人には自分のエネルギーを費やそうとは思わないのだ。

現在の私は人生トップ5に入るくらいの感情エネルギー量を注入して海人のことが大好きです。

 

海人のアイドル日記11/21に「好きの反対は嫌い」と書いてあった。続いて「誰にでも好かれたいけど 誰にでも好かれない現実」と。

海人に限ったことではないけど、アイドルとして仕事をしていると「嫌い」という言葉を投げられることが多いんだろうなぁというのはよくわかる。海人はそのことを気にするような発言が雑誌やブログ上でも多いように感じる。ここまで常人では考えられないとてつもない経験をしているとはいえ20歳だもんなぁ。つらい思いをすることもあるよね。何度でも言うけど私は海人のことが大好きだよ!

わざわざ思い返してみたけど、私が20歳くらいのときはまさしく全ての人に好かれたかった。自分が世界の中心にいるような錯覚も持っていたし。でもそこから5〜10年くらいの間に世界にはいろんな人がいるし全員が主役だし脇役だし、自分の行動範囲内にいても互いに関心を持つ必要のない人もいることに気づいた。

その上での「好き」「嫌い」っていうのは何ていうか…根深いよね。「無関心」でいられない間柄の好き嫌い。これからもこの感じは永く続いていくものなんだろう…まあ人生の面白みのひとつなのかもしれないね!

 

少し話は変わるけど私は好きな人に文句いったり悪態ついちゃうタイプ。これは実生活でもそう、相手に甘えちゃうんだよね。それが行きすぎて失敗して嫌われるーーーわかってるけどこれはたぶん根本的には治らない。これに付き合ってくれる優しい人が周りにいてくれる状態なんだろう、何様なんだよ。。

だから海人のこともムカつくことはムカつくと言ってしまうし時にはTwitterでも髙橋海人タグ付けて悪態ついてる。。本当に大好きだからこそなんだけどそれが伝わっていなければただのアンチアカウントになってしまう笑 本当に本当に大好きなんだ…

 

そして表題の件なんだが。1年前くらいかな?少しかわいいなー気になるなーと、ドル誌のテキストとかも追ったりしていたJr.の子がいた。だが雑誌を読んだり、ネットでその子を検索したり、少クラなどで成長していく姿を確認しているうちに、なぜか少しずつイライラするようになり…いつのまにかアンチになってしまったのだ!!これ本当に事件でした、自分より何十歳も年下の男の子のアンチって笑笑笑

いやいや別に熱心にネットに悪口書き込んだりしてるわけではないですよ!!ごく仲間内で半分ネタの雰囲気で楽しくアンチ活動している感じです!伝わるかな…

こんなに見事に「好き」から「嫌い」への方向転換したのが人生でも久しぶりだったから、なんだか面白くてね。だからその子にも物凄く感謝している、楽しい体験をありがとう。

つまりやっぱり好きと嫌いは紙一重。ある程度の大人になったら「嫌い」になるためには、その対象物をよく知らないと嫌いになれない。だから海人も「嫌い」のエネルギーを少しでも上手に変換してくれるといいな、となんとなく思うのでした。

とにかく私は結局なんだって海人のことが大好きなんだよー!!今年は本当に楽しかったー!

来年もよろしくね٩( 'ω' )و

担当とのシンクロ率

完全に自己満足だが私と海人は色々と相性が良い。こまごまとしたことは忘れてしまっているけど、わぁーシンクロしてるーって思ったことが何回もある。

 

まずは海人の出身地。神奈川県のとある市だけど、そこは私の母の出身地であり、幼少期から毎年のように盆と正月に帰っていたところだった。大好きな場所。そしてさらに母の旧姓はタカハシなのだ…これに気づいた瞬間は本当にビックリした。深海魚爆誕のときに色々調べながら「ウワァーーーーーーッどこかで血が繋がっていたらどうしよぉぉおおぉぉ禁断の恋じゃないかぁぁーーー」などと思っていた。もちろん血の繋がりはない。

 

あと爆誕してしばらくのウッキウキ期に、服や髪を整えることが嬉しくて「わぁーー今日はなんか髪のまとまりが良い感じだ♪渋谷で仕事だし海人に遭遇するべき日だー」なんて浮かれていたら、その日の夜の日テレ特番で海人が「今日は前髪がめちゃくちゃキマッているので崩さないように頑張ります」みたいなことを言っていてキャアーッとなった。

 

最近でいうとブラック校則関連。まず公開前の1〜2週間くらい、自分にとって少し気合いが必要な仕事があった。なのでそれをしっかり乗り切ったらスクリーンで海人を拝める、というご褒美感でがんばれた。

さらに公開に向けての素晴らしすぎる雑誌ラッシュは、その仕事で疲れた私を最大限に癒してくれた。実際に仕事現場に切り抜きファイルを持ち込み、休憩時間に眺めていた。佐藤勝利さんとのタッグのビジュアルがあまりにも私の好みだった。本当に癒される。本当に宝です。

その中でも1.2を争うお気に入りのananで海人が着ている紺色のパーカー。めちゃくちゃ似合っていて可愛いとセクシーを兼ね備えていて海人の良さが全開なのですが、私は普段あまりパーカーを着ないのですが、唯一着るのが紺色のパーカーなのですよね。夫と兼用で着ている。

anan(アンアン) 2019/11/06号 No.2174 [いまどき男子、実況中継! /佐藤勝利&髙橋海人]

anan(アンアン) 2019/11/06号 No.2174 [いまどき男子、実況中継! /佐藤勝利&髙橋海人]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: 雑誌
 

そして。髙橋海人銀幕デビュー日の11/1はなんと夫の誕生日だったのだ。運命的なものを感じずにはいられない。

 

一番の奇跡である今夏のコンサート@真駒内8/25 King & Princeコンサートツアー2019@真駒内アイスアリーナ - すぐまた会えるペーター。このコンサートは私のFC名義が初めて当選したKing & Princeの公演だった。正真正銘、正義の1名義。ここであんな奇跡の体験をくれるなんて、もうシンクロどころの話ではない。あーーー3ヶ月が経つんだなぁ、やっぱり忘れたくないのに忘れちゃうよなぁ。

そして来月からのジャニーズアイランド@帝劇ですが、当たらず。しかし私は、実はジャニーズアイランドへの興味が薄い。昨年の9/17の夜、信じられないほどワクワクの気持ちで帰宅して観たMステウルトラFESでのミニアイランドの衝撃がどうしても忘れられない。なんだこれは、なんだこの茶番は、という。いやそこからしばらく色々勉強して、ああこれも大事なジャニーズなんだって理解しましたけども。もちろん髙橋海人選抜のダンスシーンは観てみたいけども。でもはっきり言って熱意が薄いので、落選のダメージも少なかった。一般電話も仕事と重なっていたのもあり挑戦しなかった。

 

これからも海人との相性の良さを信じて突き進みます。楽しくオタ活していけますように。

映画「ブラック校則」

f:id:sugumata:20191101193405j:image

公開初日、まさに雲ひとつない快晴。一人で観に行ってきました。ネタバレ含みます。

最寄の映画館は5回上映、そのうちの2回目に。11/1なのでファーストデイ1200円の当日券を購入していざシアターへ。人はまばら、とてもリラックスした体勢でゆうゆうと予告編を楽しむ。

f:id:sugumata:20191101170104j:image

はっきり言ってあまり期待していなかった。深夜のドラマの1話2話を見て、もちろんそれなりに楽しんでいたが、海人の役柄というか演技があまり好きになれていなかった。昨年の部ダメの西野と似たようなキャラクターで既視感があるのも良くなかったのかもしれないが、海人の佇まいになんとなく「おれ演技できてます」みたいな空気を感じてしまって実は少しムカついていた。唯一好きなのはバーチャル世界での声の演技。

反して佐藤勝利さんは凄く良い状態だなと思っていた。とても自然でハマり役だと感じた。役作りも努力したんだろうな。

そして少し忙しかったのもありドラマ3話は観ていない状態で映画鑑賞となった。Huluは見ないと決意したので見ていない。

 

いよいよ映画が始まった。最初の創楽(佐藤勝利)のシーン、ギターアプリに合わせて歌う姿がなんか良くてまず心が動いた。それで創楽が希央(モトーラ世理奈)をみて「美しい」と言ったその言葉の響きが物凄く尊くて少し涙が出てしまった。

そこからは自然に映画を楽しめるモードに入った。序盤はやっぱり中弥を髙橋海人として見てしまう目が少し邪魔した。かっこいい顔だな、頑張ってるな、とかそういうの。まあ最後までそれは心の奥底にあるんだけど。

そしてドラマでムカついていた海人の演技が、全くもって気にならない、むしろかなり良い演技をしているのではという感覚になった。きっと今回の海人の演技は映画サイズなんだと思った。スタッフがほぼ映画班の人だというのも関係しているのかもしれない。これは、スクリーンで見るべき作品だ。

夜中に中弥が壁に次々に返信ペイントするシーンが綺麗すぎて宝だった。このシーンでまた泣いた。海人の良さが出まくっていた、ああこれは、もうこんなのは…私はこの人のことが好きに決まってると思った。

あとは当然東くんのラップシーンで泣く。音楽も凄く良かった。この自作の音楽を中弥が褒めるシーンもたしか軽く泣いた。「音楽は人を助けるよね」

そして最後の中弥の告白シーン。これは愛おしすぎるだろ、、、、何度でもスクリーンで観たいよ、、、、

 

まさかの大満足でシアターを出てグッズ売り場へ。観る前もチラッとチェックして、まあパンフレットだけでいいかと思っていたのに、クリアファイルとマフラータオルも購入。そりゃあね、farewell dear M ってプリントしてあったら買っちゃうよね。

というわけで何度も行くことになりました。安い日などを利用してできるだけスクリーンで観ます。髙橋海人くん銀幕デビュー本当におめでとう、素晴らしい作品をありがとう。

ブラック校則 (小学館文庫)

ブラック校則 (小学館文庫)

 

 

無理のないオタ活

推しかたは人それぞれ。

私はもともと茶の間ジャニファンだったし、今も周りにいるそういった方々に好きならCD買えとかYouTube再生しろとかの強制はしない。そのタレントのことが好きだ、と感じていることだけで十分に力になると思ってる、まさに好感度みたいな。

大事なのは、それぞれが自分のペースで無理なく永くジャニーズを楽しむこと。私は昨年の7月にサワレナイ髙橋海人を見た瞬間ジャニーズとの距離をグワッと一気に縮めてしまったわけだが、1年と3ヶ月が過ぎ少しだけ冷静になり、私なりのちょうど良い距離感をつかもうとしている。

 

現在はいよいよ公開を10日後に控えた髙橋海人銀幕デビュー作『ブラック校則』のPR真っ最中なわけで、いろんな媒体に露出が続いている。まじで凄い質と量だと思う、ジャニーさんには感謝しかない。佐藤勝利さんと2人でのanan表紙まで来るとは思っていなかった…ありがとうございます…

距離感バカになっていた半年前の私だったらこのananは最低でも5冊買っていたと思う。まじで自分を取り戻してよかった、あぶねぇ。表紙を飾った数々の雑誌はやっぱり全て購入したけど、それ以外のものは程々にうまくやりくりしている。明らかに金をつぎ込み過ぎていないのが自分でわかる。

 

あとこれ地味に凄く気分が楽になったんだけど、海人が大きめに取り上げられた雑誌のアンケート葉書などの提出を責務化することを辞めた。もちろんアンケートが出版社にとって大事なのはわかってるけど、自分の気力とのバランスが悪かった。もちろん気力がたっぷり有るときはまた提出するよ…

 

もう一つ辞めて楽になったのは公式系YouTubeの再生。海人ソロのものの再生数を少しでも増やそうと毎日必ず再生していたものがあったが、見たいと思ったときに見る、というごく当たり前の行動をするだけになった。

 

ブラック校則のノベライズ買わなかった。一年前は部ダメの原作漫画・3人の帯付き買ったけど「あれ?もしやこれいらないな…?」と最近思った。謎のグッズ・モフスマホリングも買わなかった。使わないもん。Huluはけっこう迷ったけど入ってない。DVDブルレイBOXに収録されることを願って。まあされなくても別にいい…

 

ムビチケ特典のクリアファイルは凄く出来が良くて絶対に欲しかったから上限の2枚購入した。ムビチケ特典初体験だったので始発で行ったが、最寄りの映画館ではその必要は全くなく、発売開始時刻の1時間後でも普通に買えたようだ。1つはガンガン使っていて大満足。1つは地味にお気に入りのコレクション『クリアファイルファイル』に保存。

 

ムビチケ2枚は夫と一緒に観に行く分。2回目以降は観に行きたいと思ったら興行収入どうたらを気にせず行きたい時に行く。もちろん安い日に行っちゃう。

 

King & Princeは雑誌などで海外海外ってやたら言うからいつか海外公演もあるんでしょう。でもそれはきっと行かないんじゃないかな…その時の経済状況や生活環境にもよるけど。今のままなら確実に無理をして行くことになるので、行かないという選択肢。

 

なんだかドバーッと書いたけど、何が言いたいかというと、これら様々な事象を自分で取捨選択できるようになったことが嬉しいのです!与えられたものを全て見逃さずいち早く全力で受け止めようと思っていた時期の苦しかったこと…いやまあ海人のことが好きすぎて幸せすぎたから苦しいとは感じていなかったんだけどもね。今は自分で判断して自分のペースで消化して。超ラク!!気分がラク!!!財布がラク!!!!これは明るく元気に永く海人を応援できる!!!!!と確信している。海人のことを好きな気持ちには何も変わりはない。結局大好きだということを痛感してるしどんどん愛は深まってる。

ブラ校PRから切れ目なしでやってくる帝劇PR期も穏やかな気持ちで楽しめそうだ。